ユーザ用ツール

サイト用ツール


data_persist:オブジェクトの生成

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
data_persist:オブジェクトの生成 [2018/12/15 18:59]
hirohito [ファイル AlPersistFile の例]
data_persist:オブジェクトの生成 [2018/12/15 19:01] (現在)
hirohito
ライン 1: ライン 1:
 ====== 接続オブジェクトの生成 ====== ====== 接続オブジェクトの生成 ======
- 
-===== ファイル (AlPersistFile) の例 ===== 
- 
-<code ruby> 
-require '​al_persist_file'​ 
-@persist = AlPersistFile.connect( "/​path/​to/​file.txt"​ ) 
-</​code>​ 
- 
-プライマリキーとして:​idが暗黙的に指定されます。 
- 
  
 ===== RDBを使う例 ===== ===== RDBを使う例 =====
ライン 28: ライン 18:
 @persist = @db.table( "​table",​ [:key1, :key2] )  @persist = @db.table( "​table",​ [:key1, :key2] ) 
 </​code>​ </​code>​
 +
 +
 +===== ファイル (AlPersistFile) の例 =====
 +
 +<code ruby>
 +require '​al_persist_file'​
 +@persist = AlPersistFile.connect( "/​path/​to/​file.txt"​ )
 +</​code>​
 +
 +プライマリキーとして:​idが暗黙的に指定されます。\\
 +RDBと違いテーブルの概念は無いので、connectメソッドはPersistオブジェクトを返します。
  
  
data_persist/オブジェクトの生成.txt · 最終更新: 2018/12/15 19:01 by hirohito